1103号室より。

1103号室。のお知らせ/霜月ミツカの記録

5/7 第24回文学フリマのお知らせ

5/7 11:00〜17:00、
東京流通センター第二展示場で
第24回文学フリマ東京が開催されます。
今回は1103号室。の出店がございます。

ブースNo.A-11

今回は、Lumiere様(A-12)、デスポリンキー食堂様(A-13)、白昼社様(A-14)と隣接配置していただきました。

ありがとうございます。

 

【注意】この日1103号室。は13時で撤収します。1103号室。の頒布物も11:00~13:00までのお取り扱いとなりますのでよろしくお願いします。

 

◼︎頒布物

新刊(今夜、印刷事故が起こらなければ頒布します)

『dress』(A5版 コピー本 100円)

f:id:room1103htn:20170506214741j:plain

「完璧なママは、パパの前だけでは不完全な女だった。

大人になった私は、あのときなりたくなかったママのようになってしまった。

――一番に愛されることに固執しなければ狂わずに済むの?」

こんな話です。

 

既刊

『ネオトランスラヴ』500円

秘密を持った抱えた旦那とのおかしな夫婦生活の話と、

幼馴染と歪んだ関係を持って全部だめになる話。


『ツーピース』500円

文学フリマガイドにも紹介してもらいました。残少

男と女、少女と少女、少年と少年の3編の小説集。

 

バンバンバンド』300円 残少

バンドにまつわる3編の小説集。

 

■参加頒布物

1、『点』創刊号(A-14 白昼社様)

好きで好きでどうしようもないひとのことを俳句にしました。

 

2、『文藝誌オートカクテル2016-手紙-』 (A-14 白昼社様)

 ラヴレターを三通書いています。

全部本当のことだし、全部嘘のことだし、やっぱり本当のこと、みたいな。

 

3、『文藝誌オートカクテル2015-耽美-』(A-14白昼社様)

『はつ恋』という教師と生徒の恋愛小説を寄稿しています。

 

4、『嘘つきコルニクス』(う-59 シーサイドブックス様)

『翠緑の鏡』という女同士のドロッドロの小説を寄稿しています。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

1103号室。

霜月ミツカ