1103号室より。

1103号室。のお知らせ/霜月ミツカの記録

土星

近くのダイエーがイオンになった。

子どもの頃ジャスコになるぞと言われ続けてたダイエーがそのジャスコの進化版のイオンになってしまった。


子どもの頃漫画家になりたかった。

ダイエーで10冊組のノートを買って絵を描きまくってた。

そのときのクセがずっと抜けなくていまも新しい小説を書くときダイエープライベートブランドのセービングのノートで書いていた、はずがいつの間にかトップバリュのノートを買っていた。

いつからかわからない。

我が家にはセービングやトップバリュの青いノートに書きかけで閉じ込められた小説が眠っている。


f:id:room1103htn:20160301210901j:plain



いつから何かにつけて理由が欲しいって思うようになったかわからない。

どんなくだらない理由でも自分が納得できればよかった。

大森靖子さんの「マジックミラー」という曲の歌詞に「今までの嘘 全部バレても わたしのこと好きでいてね」とある。

嘘はきっとひとつもついてこなかった。

むしろすべて正直に話しすぎてしまったかもしれない。

それでも好きでいてなんて言えないよ。



いとこの子どもが一重瞼だということを叔母が気にしているらしい。

「みつかだって一重と励ました」と言われたが、

お母さんわたしは雌雄眼です。

ときどき、ふつうに二重です。

でもそれで叔母が納得したなら、

なんでもいいです。


しもみつ

広告を非表示にする